エムリリーとマニフレックスを徹底比較!

腰痛改善の効果があるというエムリリーとマニフレックス。

今回は、私が実際に使ったエムリリーとマニフレックスのマットレスを経験者視点で比較します。

寝ている姿勢を正しく保とうとしてくれるのが2つのマットレスの共通です。

しかし、素材や構造など違うところも多いと思います。

今回は、実際に使った私の感想なども交えながら比較していきますね。

エムリリーとマニフレックスのどちらを購入するのか迷っている人の参考になれば幸いです。

エムリリーとマニフレックスを比較してみたら!

エムリリーとマニフレックスの特徴についてまとめてみました。

それでは、比較をしていきましょう。

比較は、

  • 値段
  • 寝心地
  • 向いている人

の3つでしていきたいと思います。

エムリリーとマニフレックスの値段で比較!

値段は、公式サイトのマットレスシングルサイズ比較していきたいと思います。

エムリリーの場合…

エコヘルスシリーズ:18,980円

優反発シリーズ:29,980円

マニフレックスの場合…

マニフレックスは、エリオセルかエリオセル・マインドフォームが基礎となって、様々な素材と合わさりマットレスが作られています。

なので、値段といってもこれと言いにくいので、値段の幅を書いていきますね。

マニフレックスは、

30,250円~440,000円

でマットレスを購入できます。

エムリリーは比較的お手軽に買えますが、マニフレックスはなかなか手が出せない高級品といった印象です。

エムリリーとマニフレックスの寝心地で比較

ここでは、私が実際に寝てみて感じたことをまとめていきます。

エムリリーの寝心地は…

エムリリーの優反発シリーズの暑さ11㎝のマットレスを実際に使ってみました。

寝たときに体が沈み込むのがわかるのですが、そこまで沈み込むわけではなかったです。

しかし、腰や肩に体重がかかりすぎていないのが実感できました。

体のラインが無理なく緩やかなカーブをしているのがわかり、寝起きに肩こりに悩まされることがなくなりましたよ。

マニフレックスの寝心地は…

今回使用したマットレスは、マニフレックスで一番スタンダードなモデル246です。

170Nの硬さということで、かなり硬かったですね。

体がマットレスに馴染まないせいか、使い始めたころは朝起きると体が痛いこともありました。

なれたら体の痛みを感じることはなくなったのですが、硬すぎて寝心地はあまり良くなかったです。

個人的に硬いマットレスより柔らかい方が好みなのも理由の一つでもあります。

エムリリーとマニフレックス向いている人どっちか主観的な判断!

ここでは、エムリリーとマニフレックスの特徴を考えて、向いている人を紹介していきます。

エムリリーが向いてる人

エムリリーのマットレスが向いている人は、

硬いマットレスではなく、柔らかいマットレスの方が好きな人

筋力の弱い女性やご年配の方

エムリリーのマットレスは柔らかい層の下に硬い層があるので、高反発マットレスが苦手という人でも気にしなくても使うことができます。

また、筋力が弱い人が硬すぎる高反発マットレスを使うと体を痛めてしまうので、柔らかい層があるエムリリーのマットレスはそういう人におすすめです。

マニフレックスが向いてる人

マニフレックスが向いている人は、

スポーツをしていて筋力がある人

体重が重たい人

マニフレックスは、硬めのマットレスが多いので筋力が多い人でないと体を痛めてしまう可能性があります。

なので、筋力に自身がある人にマニフレックスのマットレスが向いていますよ。

また、体重が重たい人は必然的にマットレスの沈み込みが大きくなってしまうので、硬めのマニフレックスのマットレスがおすすめです。

エムリリーの特徴

エムリリーは、デンマークで生まれたマットレスです。

エムリリーのマットレスは、

優反発シリーズとエコヘルスシリーズの2種類があります。

特徴は2種類とも2層構造になっていて、寝ている姿勢を正しい姿勢に保つようにしてくれます。

理想的な寝ている姿勢って、どんな体勢だと思いますか?

それは、立っている時の姿勢をそのまま横に倒した姿勢が理想的な寝ている姿勢です。

この状態は、体のどこか一点に負担が集まるのを防いでくれます。

エコヘルスシリーズ

エコヘルスシリーズは、エコヘルスという次世代ウレタンフォームが使われていて、今までのウレタンフォームよりも体圧分散性や通気性、耐久性が向上しています。

上段部分に低反発のエコヘルスが使われており、下段にはエコヘルスよりも反発力の強い高反発オープンセルが使われているのです。

通気性が優れているので、夏場でもあまり寝苦しいということはないですよ。

マットレスの表面に汗や湿気が溜まらないのは、寝心地に関わってくるので重要なポイントになりますね。

優反発シリーズ

エコヘルスシリーズと同じように2層構造になっていて、下段は高反発オープンセルになっています。

エコヘルスシリーズと違うのは、上段が低反発と高反発の中間の優反発フォームになっていることです。

優反発とは、高反発でも低反発でもない新しい反発力のことを言い、低反発と高反発の良いとこ取りをしたようなものです。

柔らかいのに適度な反発力を持ち、体を包みこみながら寝返りや姿勢維持をサポートしてくれます。

エムリリーのエコヘルスと優反発だったら優反発が絶対にいいです!

エムリリーの優反発シリーズには、

  1. トッパータイプ
  2. 3つ折りの布団タイプ
  3. マットレスタイプ

の3つのタイプがあります。

トッパータイプは、今使っている布団の上に重ねて使うものなので、持ち運びや収納する時にコンパクトでいいですよ。

ずっと使っていた布団やマットレスを捨てずにそのまま使えるので処分に困るということもありません。

布団タイプとマットレスタイプは、床に直接置いて使うことができます。

床に直接置く場合、朝起きたら布団を押し入れなどにしまわないといけないという人にはマットレスタイプより布団タイプがおすすめですよ。

布団タイプは3つ折りにすることができて、コンパクトになります。

マットレスタイプは、ベッドフレームに置いても床に直接置いても使うことができます。

個人的には、ベッドフレームに置くことをお勧めしますよ。

マットレスの底面に湿気が溜まりやすいので、床に直接置く場合には除湿シートを敷いたりして対策を取ってくださいね。

マニフレックスの特徴

マニフレックスのマットレスには、エリオセルという独自開発された次世代高反発フォームが使われています。

マニフレックスのマットレス素材には、エリオセルも合わせて7つの種類があります。

それは、

  1. エリオセル
  2. エリオセル・マインドフォーム
  3. エリオセル・ソフト
  4. エリオセル・ハード
  5. マニジェルフォーム
  6. マルバフォーム
  7. エリオ・ファイバー

の7つです。

エリオセル

マットレスは、N(ニュートン)という単位で硬さが表されているのですが、エリオセルの硬さは170Nもあります。

マットレスは60N未満の硬さのマットレスを低反発といい、100N以上の硬さのマットレスを高反発というのです。

この基準は、家庭用品品質表示法という法律できまっています。

100Nでも硬いと感じる人もいるので、170Nのエリオセルはかなり硬めのマットレスだということが分かりますね。

エリオセルは、この高反発でからだをしっかりと支えてくれて理想的な姿勢で寝ることができますよ。

エリオセル・マインドフォーム

エリオセルを柔らかくして、より高密度にしたのがエリオセル・マインドフォームです。

エリオセルが170Nに対して、マインドフォームは70Nしかありません。

低反発ほどの柔らかさはありませんが、しっとりと体を包みこむのが特徴の素材です。

エリオセル・ソフト

エリオセルを柔らかくしたものがエリオセル・ソフトです。

硬さは、115Nとマインドフォームまでは柔らかいですが、エリオセルでは硬すぎると感じる人におすすめです。

エリオセル・ハード

エリオセル・ハードは、マインドフォームやソフトとは逆にエリオセルを硬くした素材です。

その硬さは200Nととても硬い素材になっています。

筋肉量が多い人が使うのに適していて、スポーツ選手が愛用していることが多いです。

女性や筋肉量の少ない人には、向かない硬さなので注意してくださいね。

マニジェルフォーム

マニジェルフォームは、エリオセルを低反発にして冷感にした素材です。

マニジェルフォームの硬さは35Nしかなく、かなり柔らかくなっています。

寝ている時に体の熱がマットレスに伝わりにくい構造をしていて、熱が伝わっても冷めやすくなっています。

暑くて寝苦しいと悩んでいる人におすすめの素材です。

マルバフォーム

マルバフォームは、エリオセルを低反発にしてゼニアオイという植物の抽出エキスがブレンドされています。

低反発で包み込まれるような寝心地とゼニアオイのお陰でリラクゼーション効果も期待できるんですよ。

睡眠にリラックスをプラスすることで、より体を休めることができますよ。

エリオ・ファイバー

エリオ・ファイバーは、エリオセルを繊維状にしてまとめたものです。

エリオセルを繊維状にしたことで、洗濯が不可能だったマットレスが選択できるようになりました。

繊維質なのでボリュームがあって、ソフトな感触がとくちょうですよ。

マニフレックスは、これらの素材が使われてマットレスが作られていますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする